親指が痛い!CM関節症!

CM関節症とは、親指の根元が頻繁に使われることにより、CM関節が変形を起こし不安定になって痛みが出てきます。ドアノブ、ハサミ、ホッチキス、鍵などの施錠操作で増悪します。


CM関節



発症年齢 40歳以上
男女比  4:6で特に閉経後の女性に多いと言われている。
職種   手指をよく使う。つまみ動作の多い職業

臨床検査 
CM関節に軸圧をかけながら中手骨を回旋させると強い痛みとクリックを認める。陽性率80~90%。
CM関節に軸圧をかけながら中手骨を内転させると不安定感と痛みを訴える。陽性率70~75%。


理学検査



下の写真の患者様は、両親指の痛みを訴えられていました。
だいぶ前に、病院でレントゲン検査をしたところ、関節が癒合していると言われたそうです。
そして、親指が使いにくいことにより、他の指、手首、前腕部分に負担がかかり、いただるいことも訴えられていました。

指が開いた



治療としては、掌、手首、肘の関節の調整(いろいろな関節が動くことで人体はスムーズに動くことができます)、筋肉の調整(前腕~掌)で親指が開くようになり、腕のだるさも消えました。
しかし、負担のかかりやすい手ではありますから、現在では、以前のような痛みが出ないようにメンテナンスで来ていただいております。




>>神戸市北区 はるやま鍼灸整骨院

はるやま鍼灸整骨院

神戸市北区有野中町3-17-8

はるやま鍼灸整骨院TEL

営業時間

※診療予約時間
《月~金》
午前診9:00~12:20
午後診16:00~20:50

《土》
9:00:~13:50

はるやま鍼灸整骨院

● 駐車場は24台分あります。
● 予約優先制です。
● 予約なしでも随時診療。
● 日祝は休診です。

コメント


認証コード5890

コメントは管理者の承認後に表示されます。