目の疲労

眼精疲労

イラストAC https://www.ac-illust.com/


文部科学省が2020年に公表した調査によると
最近の若者の視力
裸眼視力が1.0未満の割合が、小学生で約4割、中学、高校生が約6割だそうです。

スマートフォンの普及だけではなく、コロナ禍の巣ごもりも一因にあるようです。
他に、テレワークが主流になり、大人にも影響がみられています。

医療品メーカーのツムラさんが行なった、昨年からのライフスタイルの変化で、身体に感じた不調についての調査の結果、目の疲れが多かったみたいです。

外からの情報が一番入ってくるのは眼です。70%と言われています。
物を見ると脳が活発に働きます。スマホ、パソコンなどで目をよく使うと、もちろん目は疲れてきますが、脳も疲れてきます。

そうなってくると、頭痛、肩こり、思考力の低下など、全身の不調につながりかねません。

ですので、そうならないために、日ごろからの目のケアをご紹介したいと思います。

①パソコンなど長時間目を使うときは、20分に一回は目を閉じて休ませるだけでもリフレッシュできます。(20分というのは、人間が集中できる時間と聞いたことがあります)

とはいうものの、20分は仕事に集中しているとあっという間にたちます。

なので、せめて1時間に一回は目を閉じて休ませてください。

温めたタオルを目の上にのせると血行が良くなり、目の疲れが取れていきます。(だいたい5分でしょうか)

③目のストレッチ。
例えば、首は動かさず、限界まで眼球を右へ動かす。(思いっきり右を見る。10秒維持!)
それを上下左右と行う。

④目のピントを調整するために、遠いものと近いものを交互に見る。(10秒間でなるべく早く)

目に良い食事
DHA(ドコサヘキサエン酸):青魚(イワシ、サバ、アジなど)、マグロのトロ、マグロの目の裏のゼリー、ウナギ、サケなど
https://www.otsuka.co.jp/college/nutrients/dha.html
https://www.maruha-nichiro.co.jp/dha/dha40000.html
EPA(エイコサペンタエン酸):青魚(イワシ、サバ、アジなど)
https://www.sara2.jp/epa/power/dryeye.html
ビタミン:緑黄色野菜、肉、魚をバランスよくとる
https://hc.kowa.co.jp/qpkowa/column/vitamin/
https://melos.media/wellness/65409/

自分の生活に合わせて無理なく行うのが継続のコツです!

読んでいただきありがとうございました。

 



>>神戸市北区 はるやま鍼灸整骨院

はるやま鍼灸整骨院

神戸市北区有野中町3-17-8

はるやま鍼灸整骨院TEL

営業時間

※診療予約時間
《月~金》
午前診9:00~12:20
午後診16:00~20:50

《土》
9:00:~13:50

はるやま鍼灸整骨院

● 駐車場は24台分あります。
● 予約優先制です。
● 予約なしでも随時診療。
● 日祝は休診です。

コメント


認証コード7408

コメントは管理者の承認後に表示されます。