成長期スポーツ障害 オスグッド病

こんにちは、中西です!
今回は成長期に起きる代表的なスポーツ障害オスグッド病について
まとめてみました!

オスグッド病(オスグッド・シュラッター病)とは

オスグッド病は、ジャンプ・ダッシュ・キックなどの動作によって
太ももの筋肉(大腿四頭筋)が脛骨粗面部(膝のお皿の下あたり)を
強く引っ張り、その部分がはがれたり炎症を起こしたりして痛みが
でるものを言います。

小中学生男子に多くみられ、膝のオーバーユース(使い過ぎ)による
成長期スポーツ障害の代表疾患です。
成長期は急激に身長が伸びます。ようするに骨が急激に成長します。
ですが、筋肉や腱などは同じように成長しません。
その結果として、筋肉などが引き伸ばされ柔軟性の無い硬い身体に
なってしまいます。
なので、成長期の子供たちにはストレッチが大事なんです。
ストレッチによって柔軟性を高めることがオスグッド病の予防になり、
治療になります。学生の皆さんにはしっかりやっていただきたいですね!

当院では、まず患部(痛い所)の炎症をおさえるとともに
体のバランスをとれるように施術をしていきます。
そうすることで、偏って負担をかけることを減らし、
しっかりと体の機能(回復力など)が働くようにしていきます。
その後は、併設しているリハビリトレーニング室でしっかりと
柔軟性を高め、筋肉のバランスをとれるようにして
ケガしにくい体作りをするのが望ましいですね!

image0 (6)


>>神戸市北区 はるやま鍼灸整骨院

はるやま鍼灸整骨院

神戸市北区有野中町3-17-8

はるやま鍼灸整骨院TEL

営業時間

※診療予約時間
《月~金》
午前診9:00~12:20
午後診16:00~20:50

《土》
9:00:~13:50

はるやま鍼灸整骨院

● 駐車場は24台分あります。
● 予約優先制です。
● 予約なしでも随時診療。
● 日祝は休診です。

コメント


認証コード7369

コメントは管理者の承認後に表示されます。