肩の前の痛み!(上腕二頭筋長頭腱炎)

こんにちは!
西部です。

先日、中西先生が「右肩が痛いから、診てもらえませんか?」とのことで治療しました。

早速検査です。

視診

肩の前が痛い


可動域検査



理学検査

スピードテスト


ストレッチテスト




上腕二頭筋長頭腱は結節間溝を通り、急な角度で肩関節内へと入って行きます。
なので、上腕二頭筋(力こぶ)が働くと摩擦で炎症が生じやすい構造になっています。いわゆる使い痛みです。

検査の結果、上腕二頭筋長頭腱炎と評価しました!
恐らく、子供のだっこと施術時の指圧による使い痛みかもしれません。



長頭腱炎(解剖)




施術
まず、全体の歪みを改善させるために脊柱の治療をし、それから、右肘関節、右肩関節の可動性が少なかったので、その部分の治療をしました。


肩関節の施術




結果
上半身の傾きは改善!
右肩の可動域改善!
上腕二頭筋長頭腱(結節間溝)の圧痛減弱!


ビフォーアフター




その日は、これで終了!

最終的に炎症部分は自然治癒力にまかすしかありません。我々はそれをいかに引き出すかが仕事です。関節の凸と凹の関係を正常にすることで、脊柱であれば中枢神経からの神経伝達が改善し、治癒力UP。末梢の肩関節、肘関節では可動域が改善されることにより、患部に掛かる負担の軽減、血流血行の改善により治癒力UPが見込めます。

2後日、中西先生に経過を伺いました。
あの日と次の日は良かったらしく、患者さんの施術で指圧をするとまだ痛みがあったようです。長頭腱自体にもアプローチが必要だったかな?

後何回か治療が必要ですね!


>>神戸市北区 はるやま鍼灸整骨院

はるやま鍼灸整骨院

神戸市北区有野中町3-17-8

はるやま鍼灸整骨院TEL

営業時間

※診療予約時間
《月~金》
午前診9:00~12:20
午後診16:00~20:50

《土》
9:00:~13:50

はるやま鍼灸整骨院

● 駐車場は24台分あります。
● 予約優先制です。
● 予約なしでも随時診療。
● 日祝は休診です。

コメント


認証コード2453

コメントは管理者の承認後に表示されます。