四十肩・五十肩

こんにちは!
西部です。

四十肩、五十肩。
正式名称は肩関節周囲炎

一年一年、年を追うごとに人間の身体の組織は変性(退行変性:筋、靭帯、脂肪などが劣化し、脆く柔軟性の低下)していきます。

そこに何らかの要因(外力など)が加わり、炎症が起こり、組織同士が癒着(くっつく)をし、固まって腕が動かせないようになる病態です。

第一段階『炎症期
病態の初期。肩が「ズキンズキン」と脈打つようにうずき、痛みで寝れないことも・・・。

第二段階『拘縮期
徐々に疼きが治まると、今度は肩が固まっていき可動域が減少する。疼きがないぶん痛みはましになっているが、ある可動域以上の動きをしようとすると激痛でそれ以上動かせない。

第三段階『解凍期
氷が徐々に溶けていくように、固まった肩も徐々にほぐれていき、可動域が改善していく。

四十肩・五十肩は上記の経過を経て、ほおっておいても治っていく症状です。しかし、ひどい場合ですと、その状態が2年以上になる場合も・・・

我々の使命はその期間をいかに『短くする』か!です。

スライド1

>>神戸市北区 はるやま鍼灸整骨院

はるやま鍼灸整骨院

神戸市北区有野中町3-17-8

はるやま鍼灸整骨院TEL

営業時間

※診療予約時間
《月~金》
午前診9:00~12:20
午後診16:00~20:50

《土》
9:00:~13:50

はるやま鍼灸整骨院

● 駐車場は24台分あります。
● 予約優先制です。
● 予約なしでも随時診療。
● 日祝は休診です。

コメント


認証コード0518

コメントは管理者の承認後に表示されます。